第3章 製品概要

3.1. 製品の特長

3.1.1. Armadilloとは

「Armadillo (アルマジロ)」は、ARMコアプロセッサ搭載・Linux対応の組み込みプラットフォームのブランドです。Armadilloブランド製品には以下の特長があります。

◆ ARMプロセッサ搭載・省電力設計

ARMコアプロセッサを搭載しています。1~数ワット程度で動作する省電力設計で、発熱が少なくファンを必要としません。

◆ 小型・手のひらサイズ

CPUボードは名刺サイズ程度の手のひらサイズが主流です。名刺1/3程度の小さなCPUモジュールや無線LANモジュール等、超小型のモジュールもラインアップしています。

◆ 標準OSとしてLinuxをプリインストール

標準OSにLinuxを採用しており、豊富なソフトウェア資産と実績のある安定性を提供します。ソースコードをオープンソースとして公開しています。

◆ 開発環境

Armadilloの開発環境として、「Atmark Techno Development Environment (ATDE)」を無償で提供しています。ATDEは、VMwareなど仮想マシン向けのデータイメージです。このイメージには、Linuxデスクトップ環境をベースにGNUクロス開発ツールやその他の必要なツールが事前にインストールされています。ATDEを使うことで、開発用PCの用意やツールのインストールなどといった開発環境を整える手間を軽減することができます。

3.1.2. Armadillo-IoTゲートウェイとは

Armadillo-IoTゲートウェイは、組み込みプラットフォームとして実績のあるArmadilloをベースにした、IoT/M2M向けのゲートウェイを簡単に、素早く開発するためのプラットフォームです。高い自由度と、開発のしやすさ、組み込み機器としての堅牢性をバランスよく兼ね備えており、オリジナルの商用IoTゲートウェイを市場のニーズに合わせてタイムリーに開発したい方に好適です。

アドオンモジュールで機能拡張

拡張用のインターフェースを2個搭載しており、任意のアドオンモジュールを接続可能です。RS232C/RS422/RS485やデジタル入出力、アナログ入力等の有線接続用のアドオンモジュールや、EnOcean、Wi-SUN等の省電力無線通信規格に対応したアドオンモジュールが標準ラインアップされています。

また、アドオンモジュール用のインターフェース規格は公開されているため、オリジナルのモジュールを開発できます。アドオンモジュールのみを開発するだけで様々な要求に対応することができるため、CPUボードから全て開発する場合に比べて、開発期間とコストを低減できます。

モバイル通信(3G)対応

モバイル通信用に、3G対応モジュールを搭載可能です。Armadillo-IoT専用回線プランも各社から提供されており、3G対応機能をすぐに導入できます。

Linuxをベースとしたソフトウェアスタック

標準OSとしてLinuxをプリインストールしているため、オープンソースソフトウェアを中心とした、各種ソフトウェア資産を活用できます。また、RubyやOracle Javaにも対応しているため、C/C++言語以外でのソフトウェア開発が可能です。

クラウド対応

MQTTクライアントなど、クラウドシステムと相性の良いソフトウェアスタックをプリインストール。また、各社のクラウドサービス対応エージェントが、Armadillo-IoT向けにポーティング済みなので、クラウドと連携したシステムが開発しやすくなっています。

3.2. 製品ラインアップ

Armadillo-IoTの製品ラインアップは次の通りです。

表3.1 Armadillo-IoT製品ラインアップ

名称型番
Armadillo-IoTゲードウェイ スタンダードモデル 開発セットAG401-D00Z[a]
Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 量産用 (3G搭載)AG401-C00Z
Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 量産用 (3G非搭載)AG400-C00Z

[a] AG401-D01Z、AG401-D02Zは期間限定のキャンペーン品です。キャンペーン付属品以外の内容物はAG401-D00Zと同等です。


アドオンモジュールのラインアップは次の通りです。

表3.2 アドオンモジュールラインアップ

名称型番
Armadillo-IoT RS232Cアドオンモジュール RS00OP-AGA-RS00-00
Armadillo-IoT 絶縁RS232C/422/485アドオンモジュール RS01OP-AGA-RS01-00
Armadillo-IoT 絶縁RS485アドオンモジュール RS02OP-AGA-RS02-00
Armadillo-IoT RN4020アドオンモジュール BT00OP-AGA-BT00-00[a]
Armadillo-IoT EnOceanアドオンモジュール EN00OP-AGA-EN00-00[a]
Armadillo-IoT Wi-SUNアドオンモジュール WS00OP-AGA-WS00-00
Armadillo-IoT 絶縁デジタル入出力/アナログ入力アドオンモジュール DA00OP-AGA-DA00-00

[a] 発売予定


3.2.1. Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 開発セット

Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 開発セット(型番: AG401-D00Z)は、Armadillo-IoTを使った開発がすぐに開始できるように、開発に必要なものを一式含んだセットです。内蔵のRS232Cアドオンモジュール RS01以外のアドオンモジュールは別売です。

表3.3 Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 開発セットのセット内容

Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル(3Gモジュール、無線LANモジュール内蔵、ケース入り)
RS232Cアドオンモジュール RS01(Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデルに内蔵)
3Gモジュール用アンテナ
開発用USBシリアル変換アダプタ
USB2.0ケーブル(A-miniBタイプ)
ACアダプタ(12V)
開発用DVD-ROM

3.2.2. Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 量産用

Armadillo-IoTを使った製品の量産用モデルとして、Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 量産用(3G搭載)(型番: AG401-C00Z)とArmadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 量産用(3G非搭載)(型番: AG400-C00Z)をラインアップしています。アドオンモジュールや無線LANモジュール、その他付属品など、量産時に必要なものを同時に発注することができます。

また、シルク印刷の指定や、あるいはケース無しでの発注も可能です。詳細はお問い合わせください。

表3.4 Armadillo-IoT スタンダードモデル 量産用(3G搭載) 構成品

Armadillo-IoT スタンダードモデル (3Gモジュール内蔵、ケース入り)

表3.5 Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル 量産用(3G非搭載) 構成品

Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデル (ケース入り)

3.3. 仕様

Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデルの主な仕様は次のとおりです。

表3.6 仕様

型番AG401-D00ZAG401-C00ZAG400-C00Z

プロセッサ

Freescale i.MX257(MCIMX257)

ARM926EJ-Sコア

命令/データキャッシュ 16KByte/16KByte

内部SRAM 128KByte

Thumb code(16bit 命令セット)サポート

システムクロック

CPUコアクロック: 400MHz

BUS クロック: 133MHz

源発振クロック: 32.768kHz, 24MHz

RAM

LPDDR SDRAM: 128MByte

バス幅 16bit

ROM

NOR型フラッシュメモリ: 32MByte

バス幅 16bit

LAN(Ethernet)

RJ-45 x 1

100BASE-TX/10BASE-T, AUTO-MDIX対応

無線LAN

Armadillo-WLAN(AWL13)搭載[a][b]

IEEE 802.11b/g/n

非搭載

モバイル通信

3Gモジュール搭載[c][d]

microSIMスロット x 1

非搭載

microSIMスロット x 1

シリアル(UART)

3.3V CMOS x 1

SD/MMC

microSDスロット x 1[e]、SDスロット x 1[b]

温度センサ

温度精度: ±2℃@-25~100℃、±3℃@-55~125℃

温度分解能: 0.125℃

測定温度範囲: -55~125℃

ADコンバーター

分解能: 8bit

USB

USB 2.0 Host x 1

カレンダー時計

リアルタイムクロック

外部バックアップ用電源入力コネクタ搭載[f]

アドオンモジュール[g]

RS232Cアドオンモジュール搭載[h]

非搭載

スイッチユーザースイッチ x 3、リセットスイッチ x 1

LED

ユーザーLED x 4、3G LED x 1
電源電圧DC 8V~17V
使用温度範囲-10~60℃(ただし結露なきこと)[i][j]
外形サイズ125.6(W) x 45(H) x 125(D)mm、フランジ部を含む長さ155.6(D)mm

[a] 外付けアンテナの接続が可能です。

[b] 無線LANとSDスロットは排他利用となります。

[c] 外付けアンテナを接続する必要があります。AG401-D00Zには外付けアンテナとアンテナケーブルが同梱されています。AG401-C00Z、AG400-C00Zは別売です。

[d] 3Gモバイル通信microSIMカードは別売です。

[e] microSDスロットは、活線挿抜に対応していません。また、ケース外から操作できません。

[f] 電池は付属していません。

[g] アドオンモジュールは2個搭載可能です。

[h] その他のアドオンモジュールは別売です。

[i] 高温時3Gモジュールの通信を停止するなど消費電力をセーブした場合の温度となります。

[j] 基板単体での動作温度範囲は-20℃~70℃となります。


3.4. Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデルの外観

Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデルの外観

図3.1 Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデルの外観


表3.7 各部名称と機能

番号名称説明
1LANコネクタLANケーブルを接続します。
2USBコネクタUSBメモリ等を接続します。
3電源コネクタ1付属のACアダプタを接続します。
4電源コネクタ2付属のACアダプタ以外の電源ケーブルを接続します。
5SDスロットSDカードを接続します。
6デバッグシリアルコネクタ付属のUSBシリアル変換アダプタを接続します。
7microSIMスロットmicroSIMカードを接続します。
8ユーザーLED1ユーザーで自由に機能を設定できる緑色LEDです。
9ユーザーLED2
10ユーザーLED3
11ユーザーLED4
123G LED3Gモジュールの状態を表す緑色LEDです。
13ユーザースイッチ1ユーザーで自由に機能を設定できるタクトスイッチです。
14ユーザースイッチ2
15ユーザースイッチ3
16リセットスイッチリセット用のタクトスイッチです。
17microSDスロットmicroSDカードを接続します。
18シリアルコネクタシリアルクロスケーブルを接続します。
19アンテナコネクタ付属のアンテナを接続します。

3.5. ブロック図

Armadillo-IoTゲートウェイ スタンダードモデルは、Armadillo-IoTゲートウェイ ベースボードとArmadillo-410で構成されます。それぞれのブロック図は次のとおりです。

Armadillo-IoTゲートウェイ ベースボード ブロック図

図3.2 Armadillo-IoTゲートウェイ ベースボード ブロック図


Armadillo-410 ブロック図

図3.3 Armadillo-410 ブロック図


3.6. ソフトウェア構成

Armadillo-IoT で動作するソフトウェアの構成について説明します。

Armadillo-IoT で利用可能なソフトウェアを表3.8「Armadillo-IoTで利用可能なソフトウェア」に示します。

表3.8 Armadillo-IoTで利用可能なソフトウェア

ソフトウェア説明
Hermit-Atブートローダーです。Linuxカーネルを起動させる機能の他に、ダウンローダーと協調動作を行いフラッシュメモリを書き替える機能など様々な機能を持っています。工場出荷状態ではブートローダーイメージはフラッシュメモリに配置されています。
Linuxカーネルバージョン2.6.x系のLinuxカーネルです。工場出荷状態ではLinuxカーネルイメージはフラッシュメモリに配置されていますが、Hermit-Atの機能によりmicroSDカードに配置することもできます。
Atmark DistuClinux-distをベースにしたアットマークテクノ製品向けのLinuxディストリビューションです。フラッシュメモリ向けのユーザーランドを提供します。工場出荷状態ではAtmark Distユーザーランドイメージはフラッシュメモリに配置されていますが、microSDカードなどのストレージに配置することもできます。

Armadillo-IoT のフラッシュメモリのメモリマップを表3.9「フラッシュメモリ メモリマップ」に示します。

表3.9 フラッシュメモリ メモリマップ

物理アドレスパーティション名サイズ工場出荷状態で書き込まれているソフトウェア

0xA0000000

0xA001FFFF

bootloader128kByte

Hermit-Atブートローダーイメージ

0xA0020000

0xA041FFFF

kernel4MByte

Linuxカーネルイメージ

0xA0420000

0xA1EFFFFF

userland26.75Mbyte

Atmark Distユーザーランドイメージ

0xA1F00000

0xA1FFFFFF

config1MByte

アプリケーションの設定情報など